男性型脱毛症

男性型脱毛症は進行型の脱毛症なので早期に治療を行わなければ、どんどん薄毛になっていきます。では、どのようにしたら薄毛を食い止められるのかをご紹介していきます。男性型脱毛症に効く薬などもご紹介していきます。

薄毛を食い止めるために努力する男性

男性型脱毛症の特徴

いま、日本国内では、およそで1,260万人の人が、薄毛や抜け毛などに悩んでいると言われています。
なかでも、薄毛の原因として最も多いと言われているAGA(男性型脱毛症)とは、思春期以降に発症する進行型の脱毛症のため、何も対策をせずに放っておくことで徐々に進行していき、数年後にはほとんどの髪の毛を失ってしまう可能性があります。
AGA(男性型脱毛症)治療に最も必要なことは、早めのケアをしていくことが肝心です。
AGA(男性型脱毛症)のおもな原因は、男性ホルモンのひとつであるジヒドロテストステロン(dihydrotestosterone, DHT)であると言われており、こめかみの上から次第に薄くなり始めて、生え際が徐々に後退していく、いわゆる「M字」のパターンとなることが多く見られます。また、頭頂部の毛髪も細くなっていき抜けはじめ、やがて薄毛や禿髪となってしまいます。
額の生え際から後退していくタイプや頭頂部から薄毛になっていくタイプだけではなく、この2つのパターンを合わせた混合型など、さまざまな脱毛の進行パターンがあります。
また、遺伝性の要素が強いため、親が薄毛の場合には、男性ホルモンの関与などから、子供も禿げやすいという特徴があります。
最近では、病院でDNA検査を受けたり、インターネットでキットを取り寄せて検査することも気軽にできます。
最も厄介なのが、脱毛が進行性であることですので、もしも、親族や親せきなどに薄毛や脱毛症の人がいる場合には、たとえ現状で薄毛でなくとも、自分自身がAGA(男性型脱毛症)であるかどうかの検査を早めに行いましょう。
早い段階で適切なヘアケアをしていくことで、脱毛の進行を防ぐことができます。