男性型脱毛症は進行型の脱毛症なので早期に治療を行わなければ、どんどん薄毛になっていきます。では、どのようにしたら薄毛を食い止められるのかをご紹介していきます。男性型脱毛症に効く薬などもご紹介していきます。

薄毛を食い止めるために努力する男性

男性型脱毛症のケアで分け目を目立たなくしよう

男性型脱毛症による分け目を目立たなくするためには、頭皮ケアの見直しが必要です。
自分では正しいケアを続けていると思っていても、実際は間違った方法を続けているケースは少なくありません。
よくあるのは爪を立てて擦ってしまう洗髪方法でしょう。
爪を立てれば頭皮に付着した皮脂を根こそぎ除去できると考える方は多いですが、シャンプーというのは指の肌で洗うだけで汚れを落とせる設定になっています。
擦れば頭皮を傷つけるだけで、まったくメリットはありません。
分け目が目立ってきたら、まずは抜け毛を減らすことに専念しましょう。
抜け毛が以前よりも多いならば、少し高めのシャンプーを使用してみます。
シャンプーは高額になるほど低刺激で頭皮に優しいのです。
シャンプーの洗い残しは抜け毛を招くので、完全にぬめりを落としてください。
ぬめりが完全に落ちたと実感してから、さらに1分くらい洗髪すれば間違いないでしょう。
男性型脱毛症の怖いところは、一般的な脱毛症よりも進行が早いことです。
20代で発症する方も多く、ストレスが拍車をかけます。
ストレス過多の生活を自覚している方は、ストレス対策もしていきましょう。
お肌にとってストレスが大敵なことは有名ですが、髪の毛にも言えることです。
髪の毛は皮膚から生えてくるので、皮膚の一部のようなものです。
シャンプーだけで抜け毛をストップできない方は、育毛剤と頭皮マッサージも並行しましょう。
育毛剤を塗布してから、3分くらいマッサージをしていきます。
指圧や回転運動などでマッサージをすると、頭皮がよく動くようになります。
頭皮の可動範囲が広くなると、血行がよくなっている証拠です。
育毛剤の効果を高めるためにも、頭皮の血行促進は必須です。