男性型脱毛症は進行型の脱毛症なので早期に治療を行わなければ、どんどん薄毛になっていきます。では、どのようにしたら薄毛を食い止められるのかをご紹介していきます。男性型脱毛症に効く薬などもご紹介していきます。

薄毛を食い止めるために努力する男性

男性型脱毛症の治療薬について

男性型脱毛症を治すための治療薬には、プロペシアとミノキシジルがあります。
まず、プロペシアは、GHTを作り出す還元酵素を阻害する作用があります。そのため、男性型脱毛症を抑制することができます。
プロペシアは、科学的効果が認められており、改善効果がかなり期待することができます。しかし、プロペシアでは、発毛や毛根再生はできません。男性型脱毛症の進行を遅らせることができても、発毛がとまってしまった毛穴から新たに毛髪を再生させるといったことはできません。プロペシアは、毛髪のヘアサイクルを整えて、生長期間を長くすることで、今残っている毛髪を太く長くすることができます。また、未成年や女性には適用されません。
プロペシアは、薬局などでは取り扱ってはおらず、購入には、医師の診断と処方外では個人輸入や輸入代行業者などを利用して入手します。ニセモノが送られてきたりするケースもあるため、注意が必要です。
ミノキシジルもプロペシアとともに科学的根拠に基づいて評価されている男性型脱毛症の治療薬です。
ミノキシジルは、頭皮の血行を促進する作用があり、髪の毛が作られる毛乳頭と毛母細胞に毛細血管から血液や栄養が届くことで、細胞分裂を繰り返し、髪の毛を成長させるので、頭皮の毛細血管を広げ、血行を促進し、細胞分裂の活性化をして、髪の毛の成長を早める効果があります。
ミノキシジルは特に頭頂部から薄くなるO型の男性型脱毛症に高い効果を発揮します。が、頭皮のかゆみや低血圧などの副作用があるため、使ってみて違和感があるようなら医師や薬剤師に相談することが大切です。
いずれにしても、医師にしっかりと処方してもらう方法で入手することが安全な方法となります。