男性型脱毛症は進行型の脱毛症なので早期に治療を行わなければ、どんどん薄毛になっていきます。では、どのようにしたら薄毛を食い止められるのかをご紹介していきます。男性型脱毛症に効く薬などもご紹介していきます。

薄毛を食い止めるために努力する男性

男性型脱毛症は遺伝も考えられる

AGA(男性型脱毛症)の要因は、男性ホルモンの影響であるといわれており、おもに「ジヒドロテストロン」という、脱毛症や薄毛の原因となる物質が、リスクとなっていると考えられています。
「ジヒドロテストロン」は、毛乳頭や皮脂のなどに線などに存在する酵素である「5αリダクターゼ」と、男性ホルモンのひとつである「テストステロン」が結びつくことによって変化をし、それが脱毛の原因になります。
さらに、これらの男性ホルモンの影響は、遺伝性である要素が高いと言われており、多くの場合、親族や親せきなどに脱毛症がみられる場合には、薄毛になりやすいと考えられています。
いわゆる「遺伝」によって、AGA(男性型脱毛症)は発症するとも考えられており、遺伝性の脱毛症である場合には、その体質に合わせた適切な治療が必要となります。
薄毛や抜け毛には、さまざまな治療法がありますが、何をやっても効果があらわれないという場合には、根本的に治療方法を間違っている可能性が高いと言えます。
ご自身の薄毛や抜け毛の原因が、遺伝性によるものなのか、皮膚炎などの病気によるものなのか、ストレスや生活習慣なのかなど、原因をはっきりとさせたうえで、治療を行うことはとても大切です。
脱毛の原因に合わせた治療を行うことが、症状を改善させるための近道となります。
進行型であるAGA(男性型脱毛症)は、徐々に進行をするため、放っておけば次第に髪の毛を失ってしまうことになります。
もしも、親族や親せきに薄毛や脱毛症が見られたり、病気やストレス、生活習慣などに心当たりがないにも関わらず脱毛が止まらないという場合には、遺伝性のAGA(男性型脱毛症)を疑ってみるとよいでしょう。