男性型脱毛症は進行型の脱毛症なので早期に治療を行わなければ、どんどん薄毛になっていきます。では、どのようにしたら薄毛を食い止められるのかをご紹介していきます。男性型脱毛症に効く薬などもご紹介していきます。

薄毛を食い止めるために努力する男性

髪型がm字になると男性型脱毛症の可能性あり

男性にとって薄毛症状は大きな悩みの種となるものです。しかし実際にはこの薄毛は様々な原因によって引き起こされているケースが多く、頭皮の毛穴詰まりが頭髪の成長を阻害したり、頭皮の血行の悪化が栄養分の循環を難しくすることで症状が酷くなる場合も多いもの。そして最近特に注目を集めている原因が男性型脱毛症と呼ばれる病気です。男性型脱毛症は別名AGAとも呼ばれ、これは主に男性ホルモンと頭皮の特殊な酵素が互いに反応しあってDHTという物質を分泌し、毛乳頭がこれを感知することによって細胞分裂をストップさせ、毛細血管から受け取った栄養分を頭髪へと循環させることをやめてしまいます。こうして抜け毛が助長されていくのです。
この男性型脱毛症による薄毛が引き起こされた場合、どれだけ毛穴の汚れを除去しても、あるいは毛細血管の血流を良くしても全く効果はありません。この病気にかかっている可能性があれば少しでも早く専門の医師を受診して、しかるべき飲み薬や塗り薬を使って治療を開始することが重要なのです。その大きな判断材料となるのが髪型です。前述した通り、男性型脱毛症は男性ホルモンの働きに大きく関わってくる病気ですから、その症状が引き起こされる場所も男性ホルモンの影響を受けやすい部分が中心となります。とりわけ額の両サイドはまさにその場所で、こう言った症状が進むことによってだんだんと額の生え際の形がm字を成してきたならば、それは男性型脱毛症の可能性があると言えるでしょう。
またこれに加えて頭頂部も男性ホルモンの影響が出やすいところです。もしも男性型脱毛症を改善したいのであれば、これらのm字、そして頭頂部のo字型の薄毛が拡大しないうちにいち早く医療機関を受診して治療を始めることが求められます。